前田智洋 : Tomohiro Maeda

3月 3 2019

鎌倉

一昨日は4年振りの鎌倉でのライブ。
ステージを客席側に移して僕達もお客さんと同じ音を聴きながらのライブでした。
竜太郎くんとはこれまで何度も素晴らしい時間を共有してきたけど、昨日も本当に良い声を聴かせてくれました。
ええ時間やったなぁ〜。

そして昨日は帰りに本厚木に寄って以前にブログに書いた珈琲を頂いてきました。
この空間に居ると外の世界とは時間の流れ方が違うようにさえ感じます。
夢のような時間を終え、これから確定申告の準備に入ります(泣)



2月 10 2019

Zimagine

昨日のライブは満員御礼。今年はギターを始めて20周年という事で、この20年を振り返りつつの曲を用意しました。
初めてのツアーをしてからも10周年。
ライブでも話したけど、よく「情熱」がこれまで消えずにもったもんだと思いました。
沢山の刺激や情熱を与えてくれた皆様がいたからこそ続けてこれたものだと思っています。
昨日、僕にとっての特別な時間を共有して頂いた皆様、本当に有難うございました。

節目はまた新たな始まり。これからも景色の見える音楽を届けれるよう頑張っていければと思います。

がっつりとギターをかき鳴らすイントロを弾き始めた瞬間にボリュームが上がっていなかったのはめっちゃ焦りました(笑)


1月 29 2019

もう一月も終わり

昨夜、関西から無事東京に戻りました。
東名でトラックの横転事故があって、事故渋滞が3時間。
それを避ける為に沼津で一旦降りてスパで温泉浸かって休憩してから帰りました。
結果、大阪 – 東京が11時間(笑)長い長い(笑)ヨーロッパへ行ける時間です(笑)

今回の大阪、奈良をはじめ、今月は名古屋、福岡と多くの旅がありました。
その中、名古屋にて友人宅でオセロ大会が開かれましたが、以降オセロブームがきつつあります(笑)
その時はなんとかギリギリで勝てたのですが、コンピューター相手だと全く勝てない。。。
上達に向け、空き時間や移動時間にこっそり練習中であります。
誰かオセロ上達法教えてくれないかな(笑)

アジアカップ、サッカー日本代表も頑張ってますね。次は決勝!
元サッカー部としては毎回の試合が楽しみなんですが、昨夜の準決勝、イランとの対戦は全てのスピード感が速くとても面白い試合でした。
ちょっと毎試合シュート数が少なすぎるけど、これから更に日本が強くなる事を期待したいです。
決勝楽しみだ。

皆様明日も良い一日を!


1月 3 2019

A Happy New Year 2019

皆様、明けましておめでとうございます。

年越しは外国人半分、日本人半分のグループで蕎麦を食べてホームパーティをして、神社へ。
おみくじ引いたら「旅行 利なし、行かぬが吉」と出ました(笑)
沢山の旅を企画中の僕にはキツいお告げですが「何事も成功します」とも書いてあったのでまた一年頑張りたいと思います(笑)

毎年一年間で撮った沢山の写真を振り返りながらその一年間に感じた幸せを再度噛み締めつつ、これからやりたいワクワクを考えるます。
アルバム「To The East」のリリースから始まったこの一年。振り返って思う事はとにかく旅が多かったこと。そして沢山の人に会えた事でした。
名古屋は9回、福岡5回、長崎4回。飛騨ジャズフェスや福岡・中洲ジャズの出演など記憶に残る出来事も多々ありました。
一年前が遥か昔に感じる程、充実した一年だったのかもしれません。
多くの人と撮った笑顔の写真がこれからの更なる希望になります。
改めてお逢いできた皆様に深く御礼申し上げます。

色んな風景の写真もあったのですが、何故か一番心を惹かれたのは上の写真でした。長野の諏訪かな?なんでだろうな。
今年もインスタで色々写真をあげていきます。チェックしてやって下さい。

惹かれたと言えば、、、

まだ10代の頃にタワレコの視聴コーナーでイントロだけ聴いて買う事を決意したオランダのピアニスト、Jos Van BeestのEverything for youというアルバムがあるんやけど、さっきiTunesで曲をランダムにかけてる中で突然現れたんだけど、18年程経った今でもイントロだけで心持っていかれた。
僕の作品もそうなってくよう、今年も一歩一歩、人生の一コマを歩んでいければと思います。

今年も仲良くしてやって下さい。
皆様にとっても素晴らしい時間になっていくよう心から願ってます。

2019 Jan 2nd
tomo


12月 26 2018

年の瀬

東京のど真ん中やけど、そんなに大きなビルばかりではない街に降り立った。
素晴らしいライブを観た帰り、道端で警備員のお兄さんに「こんばんは、お気をつけて。」と声をかけて頂き「有難うございます。明日も良い一日を。」と答える。
後ろのキラキラしている街だったならばこういう何気ない会話も無かったかもなぁ。と感じる人生の1ページ。
明日のリハーサルで今年の予定ももうお終い。アルバムをリリースし、ツアーも沢山出た一年。九州は5回、名古屋に至っては9回も行きました。この一年、お会いできた皆様に改めて感謝します。
1月は名古屋、福岡、大阪、奈良と周ります。
そして2月9日(土)は東京・南青山にて僕の曲を中心にお届けするライブがあります。ヴィブラフォンとギターの「ここでしか出せない音」をお届けします。

それぞれ詳細は
tomohiromaeda.com/ja/schedule/
にて確認願います。

来年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように!


12月 7 2018

レオ

Et Vie Danseが活動を休んでからもう4年。
まあ時間が経つのは早いものだ。

一人でではなく皆んなで生みの苦しみを味わったのはEt Vie Danseが始めてのバンドかもしれないと思えるほど、何か新しいものを生み出すことに没頭した時間だった。
そんなバンドで一緒だったパーカッションのレオくんがロンドンから一時帰国。会いに行ってきた。

3回のツアーの想い出や、向こうはロンドン、こっちは東京に来てからの色んな出来事、ただのバカ話など話が尽きる事なくあっという間に4時間が経った。

本当に尊敬する素晴らしいミュージシャンのひとり。
また一緒に演奏できる機会があると良いなぁ。

実際彼みたいなプレイがミュージシャンは僕の周りには居ないのだから。

どこかでまた必ず実現させるのでその際は皆様見に来てやって下さい。

お酒を朝まで飲んでそうな顔して2人とも全く飲めないので、二次会はコレ。

今は飛行機の中。
今日から長崎、福岡への旅です。


12月 2 2018

Eric Clapton

Eric Clapton Life in 12 Bars を観てきました。
17歳でギターを始めた頃はずーっとクラプトンやB.B キングを聴きながらブルースばっかり弾いていました。
大阪城ホールでの公演時は3日間全て見に行くほどのファンでした。DVDも何度も何度も観て練習したあの時代、クラプトンのギターは本当に魅力的でした。
最後のB.B Kingのコメントは涙を抑えきれませんでした。
あなたの音楽に出会えて本当に良かったです。
B.B Kingもね。B.Bは死ぬ一年ほど前にパリで観ましたがこれまで観た全てのライブの中でも一番印象的なライブのひとつです。

そして今夜はこの人と会ってきました。
僕のアルバム 「To The East」に入っている「Tairuya」はこの人の為に書いた曲です。
相変わらず素晴らしい方でした。


11月 20 2018

Retrouvailles

Retrouvailles!! On s’était pas vu depuis six ans.
6年振りの再会。ナイチンゲールスのドラマーだった彼。出逢ったのは彼が19歳、僕が26の時で僕がナイチンゲールスを脱退するまでずっと一緒にバンドをやっていた。当時から良いドラマーだったけど、その後ロンドンに渡り今ではヨーロッパでもトップ10に入る程大きなバンドに加入。世界中を回っていて今もツアー中で東京にやってきたのだ。
明日の公演では久し振りに彼の演奏が聴けるのが本当に楽しみ。
6年間の懐かしい話で盛り上がり、帰宅しようとすると最寄駅でこれまたパリに住んでた当時の仲間、しかもギタリストの真ちゃんと遭遇。変な縁を感じずにはいられない素敵な一日でした。


11月 17 2018

名古屋ブルーノート

堀澤麻衣子バンドでの名古屋Blue Note、今回も素晴らしい時間になりました。めっちゃ楽しかったなぁ。
もう3年、麻衣子さんとはやらせて頂いてますが毎回のように特別な時間を過ごさせて頂いてます。
今年もエレキいっぱい弾いたしね〜。
お花もこんな大きいの頂いたのは初めてかも。流石に新幹線で東京には持って帰れないなぁ。
帰りのタクシーはみんなの荷物が多すぎてパンパン。
これから東京帰ります。
このバンドのツアーもこれで今年はお終い。
また来年!



11月 15 2018

最後の出会い

とあるミュージシャンが亡くなりました。
ずっと前から、おそらく15年程は名前も知っていたけど、面識はなく、演奏を聴いたこともなかった人。

訃報と共に掲載された本人からのメッセージ文と数ヶ月前の演奏のビデオを見て初めて彼の演奏がどういうものか知りました。
演奏を聴いて残ったのは大きな後悔。
同じ時代に生きていたけど、出会う事のなかった彼の音楽。
亡くなって初めて出会った彼の音楽にはとてつもなく大きな感動があったのでした。

明日は今年9回目の名古屋。

ブルーノートの音を身体いっぱいに浴びようと想う夜なのでした。