前田智洋 : Tomohiro Maeda

12月 25 2012

父の日記

木曜は久しぶりにアミアンへ。
この日は久しぶりにナイチンゲールスのメンバーと再開。ラジオの公開ライブでした。
このメンバーで演奏する機会も今年は少なかったなぁ。来年はもっと増えることを願う。

終電でパリに戻り、金曜は朝からジョルジュの故郷、ルクセンブルグ大公国へ向かいます。
この日の晩はベースのジョゼと三人でのライブでした。

パリからルクセンブルグは車で5時間ほど。
今回もまたもや見つけました。高速道路のサービスエリアでこれ!

今回行ったのはエッテルブリュックという街から更に20分ほど車で北に行った街。
ライブは本当に楽しかった。何よりジョルジュの演奏が素晴らしくて、心地の良い一時でした。

この日の晩はエッテルブリュックのジョルジュの家で泊まりました。
まず出てきたのがジョルジュの十代の時の写真。これには大爆笑でしたが、やっぱり面影はあります。

そして彼が見せてくれたのが、これ。

最近、彼の家に突然届いたこの手帳。そう、1943年に彼のお父さんが使っていた手帳です。
お父さんはジョルジュが11歳の時に亡くなっていて、この手帳は彼が産まれる更に前、戦時中の物だったのです。
それが56歳になった今、突然お父さんが当時住んでいたところの家族の人から届いたのです。

これには本当に感動。凄い話です。

中にはお父さんの写真、そして日記が綴られていました。
当時ドイツはルクセンブルグ人をドイツ軍としてかりだそうとしていて、とても複雑な状況下にあったルクセンブルグ。
お父さんの日記は全てフランス語で書かれていましたが、読んでいると本当にその時代にタイムスリップしたかのような感覚になりました。

エッテルブリュックの駅で。ジョルジュとジョゼ。

ジョルジュは数日ルクセンブルグに滞在。僕とジョゼはTGVでパリに帰ります。
本当に素晴らしい体験ができた今回の旅。また次回行けるのが心から楽しみです。

これで今年のライブもおしまい。
来年もまた頑張ります。その前に明日、ひとつ重大発表があります。

メリークリスマス!


12月 19 2012

2013年1月12日

2013年1月12日。

10月に初めて一緒にステージをして以来、いよいよ本格始動となる「Et Vie Danse(エ・ヴィ・ダンス)」の最初のスペクタクルです。
マイム・ギター・パーカッションというこのバンド、本当に面白いんです。パリ在住のみなさんは是非!

Shu Okuno (mime)
Tomohiro Maeda (guitare)
Leo Komazawa (percussion)

Auguste Theatre
6 impasse lamier 75011 paris
entree:20€

ご予約は下記のメールアドレスまでお名前、枚数をお送り下さい。

evd.band@gmail.com


11月 30 2012

サンセット

約2年ぶりにパリ中心地にある老舗ジャズクラブ、サンセットに出演してきました。
満員になった会場、そして多くの憧れのミュージシャンを見てきたこのステージで演奏できるのはやっぱり嬉しい。

前回ここでみたのはドラマーのバーナード・パーディ。2メートルの距離で見れるなんて本当に感動したもんでしたが、今日は誰かにそう思って貰える演奏ができたかな。。。また頑張って練習します。

今日来て頂いたパリ組のみなさん、本当にありがとう。

次のパリでの公演は1月12日に先月こっちで始まった新しいグループ、「Et Vie Danse(エ・ヴィ・ダンス)」が正式にスタートします。
マイム、ギター、そしてパーカッションという異色の組み合わせのバンドですが、本当に才能溢れるふたりと、僕が今、めちゃくちゃ楽しんでやっているバンドです。
詳細は近日アップしますね。
是非お楽しみに!


9月 1 2012

想い出の地

久しぶりに訪れた想い出の地、シャルトル。
昨日、今日とこの街で二日間のライブです。

なんか日本人観光客多いね〜。でもそれだけ素敵な街。
久しぶりのジョルジュとの二人旅を楽しんでいます。

このシャルトル大聖堂、この季節になると夜は照明効果のショーがあります。写真やと解りづらいかもしれませんが、こんな感じでどんどん変わっていくのです。




ここの番地、、手書きかいなっっっっ!!(笑)
てな感じでみなさん、良い週末を!




7月 20 2012

前に進む原動力

一昨日のオデオンでのライブは大盛況。
満員のお客さんのなか、メンバーの熱い演奏、踊りが場を盛り上げました。
セルジュ、レオ、エピゾ、スワラ、マイア、ノブ、イスマエラ、そして僕。
半分黒人、半分日本人、、、っていうのも面白い組み合わせ。

メンバー内での世代のひらきがこんなにも大きかったのも久しぶり。
20代から60代までみんなでゴキゲンな演奏でした。

ホンマに楽しかった!!

そして、この日のメンバーであるセルジュから昨日の朝、電話。。。
なにかな〜と思ったら、キャンセルになったグループのかわりに今晩演奏しないか、、ということでした。

前日に次の日のライブが入ることはたまにあるけど、、、当日て!!!
でも彼と演奏できるのは本当に幸せなので引き受けました。パーカッションのレオと一緒に三人で演奏することに。

そう。セルジュはもう60代。
でもリハーサルでさえ魂込めて汗だくになって演奏する姿はミュージシャンの姿勢とはなんたるかを毎回教えてくれます。

昨日の本番前のリハーサルの時、僕が彼にひとつ要求しました。
「ここはこういう風に演奏してほしい」

そうすると彼は
「あ〜なるほど、これは今まで僕が知らなかったこと。こういうことをもっと勉強しなければ。」

と言ったのです。
これだけのキャリアがあって、まだそういう言葉を出せる彼の姿勢には本当に感動しました。
毎回、僕の話す言葉にも最大限の敬意を払ってくれる彼。そしてレオもいつもみんなに敬意をもって話す素晴らしい人。
ライブが楽しくならない訳がありません。

またいい音が出るように前に進んでいければと思っています。

tomo


7月 11 2012

一生に一回。

その瞬間に、「ああ、こういうのは一生に一回しかないな。」と感じることは滅多にない。

ブルースからギターを始めた俺。
昨夜初めて、、、この人のライブを聴く機会に恵まれた。
ライブの半分は涙が止まらなかった。
そこには本物のB.B.Kingが居た。

でもそれは彼が伝説の人、、、だからという訳だけではなくライブが本当に素晴らしかったのだ。
86歳とは思えぬエネルギー。ショーというものを知り尽くしたトーク。
本当に素晴らしかった。

ライブの最後に言った彼の言葉。
「もう一回ここに戻ってきてもいいかい?」

86歳であれだけのパワフルなステージをして、、、その言葉はずるすぎる(笑)

そして帰りは会場から車まで車椅子で連れていかれるその姿には本当に感動しました。
Merci B.B!!!


そして来週、水曜18日。
周りの素晴らしいミュージシャンを集めてスペシャル・ライブをします。
本当に特別な一日になるでしょう。パリ在住の方は是非!


6月 8 2012

ソウルの王様たち

パリはちょっと肌寒い気候が続いてます。
これほんまに6月かいな、、って感じやね。

昨日は久しぶりに全く知らない人のライブを見に行きました。
「ソウルの王様たち」というイベント。
ボーカリスト4人、ホーン隊4人、ギター2人、キーボード、ベース、ドラム、パーカッションという大編成のバンド。

ソウル、ファンク系のカバーをやってプロジェクトで、ボーカルは4人のうち1人がメインをつとめて、あと3人がコーラス、2、3曲でメインが交代していく、というものでした。そしてビックリやったのがその演奏レベルの高さ。。
ボーカリスト達は本当に素晴らしいサプライズでした。本物のソウルがそこにはあり、それぞれの強烈なキャラクター、個性がでてて、めちゃくちゃ楽しめました。
こういうのが見れる街に居るのってほんま幸せ。

また更に練習して腕を磨かなければ、、、


5月 23 2012

ソワッソン

Soissons.



5月 20 2012

中庭アート!

去年、ここは菜の花畑ではなかった。
今回見たのは一面の真っ黄色。この色好きやねんな〜。ちょっと臭いけどね(笑)

サマータイムにはいって一ヶ月ちょっと。夕日が沈むのが22時くらいになってきた。
その時間帯に電車に乗るとこういう景色が拝めるのです。

そしてうちのアパートの中庭ではこんな光景が。
アーティストの作品作りの制作過程を見るのは本当に面白い。30分後には下の状態に変化していた。

最近は多くの人に会って沢山のエネルギーを頂いてます。
たまにはこういうふつ〜の日記もありかな。。

火曜は久しぶりにナイチンゲールスのライブ。ソワッソンという街に出かけてきます。


4月 30 2012

ツアー終了

昨晩遅く、大阪に帰ってきました。明日の夜にはパリに居ます。
2回目となったSugamiちゃんとのツアーもこれで終了。とても寂しい感じですが、今回も多くの方の援助、努力に支えられ無事終了することができました。
そしてsugamiちゃんの創造力、こだわり、センスにまた大きなパワーをもらい、本当に幸せなステージの数々でした。

今回のツアーで出逢うことができたみなさん、毎回素敵な笑顔を届けてくれるみなさん、改めて本当にありがとう!

また次回会えるのを心から楽しみにしています。
これからもよろしく!

tomo