前田智洋 : Tomohiro Maeda

時間の重み

2日間シャルトルに滞在。
やっぱりええ人が多い街です。
ボクの周りのミュージシャン達は少しずつ日本語を覚えてきましたよ〜。
彼らの間で少しブームになっています。
昨日は仲のいい友達の家に泊めてもらい、いろいろ喋ったのですがPCの中には何十日もつけっぱなしにできるほどの音楽の量。
あれにはびっくり。こいつはほんまに音楽が好きなんやなあという感じがしました。

さて今晩はジャズをやっている方はよくご存じだと思うのですが、サックスのリー コニッツという人を見てきました。
もうおじいちゃんで結果からいうと御年のせいもあり、あんまりよくはなかったのですが、それでも人柄には時代を築いてきた重みはありました。
休憩時にはずっとボクのとなりに座っていたのでサインを求めてみると
「5ユーロね」
という感じでとても陽気なおじいちゃんでございました。

この日はトランペット、トロンボーンもいたのですが、
トロンボーンのおっちゃんがファーストセットで、しょっちゅう水を飲んでいたので
セカンドセット

数えてみました。。。。。。

結果はワンセットの間に13回!でした。
電車の都合、アンコールの前に帰ったのでもしかするともっと飲んでいたかもしれません

ところでおとつい同じアパートに住んでいる友達が強盗にあい、パスポートも含めすべてとられるという事件がありました。
それもメトロの中。
他の乗客もいたにもかかわらず、どうすることもできなかったそうです。
パリ在住のみなさん、気をつけましょう。


Leave a Reply