前田智洋 : Tomohiro Maeda

師匠の演奏

フランスでは外出禁止になって半月が経ちますが、昨日は師匠のシルヴァン・リュックが配信ライブを自宅からしていたので、拝見。

僕が彼の音楽と出逢ったのは18歳の時。
どうしても彼にレッスンを受けたくなってフランスまで行ったのが22歳。

何回も会っている割には彼と一緒に写っている写真はこの一枚だけ。ですが、当時の感情を思い出せる大事な一枚です。

あれから15年、昨日は久し振りに彼の演奏を聴いて、更に練習したくなりました。音の流れ、ハーモニー、リズム、、、全てが自然でした。昔よりちょっと弾きすぎ感はあったけどね(笑)
彼の音楽に出逢えていなければ今の僕はなかったし、仕事がほぼほぼキャンセルになっても凹むかわりに今日もギターをもっと弾きたいと思わせてくれる素晴らしい師匠です。
こういう時は良い演奏ができそうなんやけど、、、今ライブができないのは本当に悔しいなぁ。。。
ライブが再開できるようになったらまた生の音を聴きにきてやって下さいね。
今日も良い一日を。


Leave a Reply