前田智洋 : Tomohiro Maeda

ソウルの王様たち

パリはちょっと肌寒い気候が続いてます。
これほんまに6月かいな、、って感じやね。

昨日は久しぶりに全く知らない人のライブを見に行きました。
「ソウルの王様たち」というイベント。
ボーカリスト4人、ホーン隊4人、ギター2人、キーボード、ベース、ドラム、パーカッションという大編成のバンド。

ソウル、ファンク系のカバーをやってプロジェクトで、ボーカルは4人のうち1人がメインをつとめて、あと3人がコーラス、2、3曲でメインが交代していく、というものでした。そしてビックリやったのがその演奏レベルの高さ。。
ボーカリスト達は本当に素晴らしいサプライズでした。本物のソウルがそこにはあり、それぞれの強烈なキャラクター、個性がでてて、めちゃくちゃ楽しめました。
こういうのが見れる街に居るのってほんま幸せ。

また更に練習して腕を磨かなければ、、、


Leave a Reply