前田智洋 : Tomohiro Maeda

2月 12 2012

あーざす!

今日の会場に居た人はもう全員このフレーズが言えるようになりました(笑)
Toupsが日本で覚えた言葉で一番気に入ったのが、このフレーズ。

アンコールの前に「みんな日本語覚えたい?」って言うたら、トゥープスがまっさきに「あーざす」っていうちゃって、
意味説明したら大爆笑。
最後は全員であ〜ざす合唱起きてたもんね(笑)誰も「有難うございます」は長すぎて覚えられなかった(笑)

そのくらい素晴らしいライブで、「心から感動した」という反響をいっぱい頂きました。
あ〜もっとパリ・コネクションでライブがしたい!!
プロモーター希望!

イニーという街は震災でのチャリティーライブ以来、2回目でしたが、本当に温かく迎えてくれる場所です。
関係者のみなさんにはほんまに感謝。
また次、いつか実現するといいなぁ。。

そして、今日はショックなニュースもありました。
数年前まで前田智洋グループ(フルバンド)でベースを弾いてくれていたクロード・マトランジュという人がいます。

イニーの近くに住んでたのを思い出して、リハーサル後に元気にしてるかな〜と思って電話をかけたのですが、違う人がでて、彼が一年ちょっと前に亡くなったことを告げられました。多分50すぎくらいやったと思います。

本当に素晴らしいプレイヤーでずっともう一回一緒に演奏できる機会を探していただけに、ショックでした。
今家に帰ってきて、彼と一緒にしたライブの音源を聴いています。

そして今日のライブでそのうちの一曲をパリ・コネクションでもしたのですが、彼の音を思い出して涙がでそうになりました。
その曲のタイトルは「Influence」。

そう、彼も僕にいろんな「影響」を与えてくれた一人やったのです。
この曲の彼のソロは素晴らしくて今でも記憶に残っているのです。

彼にも

あーざす!

合掌。

あ、トゥープスに産まれた二人目の子供は今日初めて会った!!オメメぱっちり〜〜。スターになる顔してた(笑)
父親みたいにシンバルをライブ中に落としまくるヤツになるかな(笑)

ちなみにトゥープスはリハーサルで2回、本番で2回シンバルを倒した(笑)


1月 22 2012

パリ・コネクション

このバンドやっぱり最高。来てくれたみんなほんまにありがとう!





11月 20 2011

念願のコンサートが実現します。

肌の色も、国籍も、そして文化も違う三人。
我々が出逢ったこの街、パリで、ようやく念願のコンサートが実現します。

2009年2月、前田智洋・パリ・コネクションは日本・韓国ツアーのために結成されました。
以来、フランス各地でのコンサート、フェスティバル等への参加をはじめ、リュクサンブール公演など数々のライブを重ねてきました。
そこで毎回感じてきたこのバンドの素晴らしさを、ようやくパリで皆さんと分かち合える機会が出来たことを、心から嬉しく思っています。
ジョルジュ、トゥープスの素晴らしい人柄と、そこから溢れ出る音楽性と共に、皆さんが心から楽しめるライブを創れるよう頑張りたいと思います。

2012年1月21日(土)
Tomohiro Maeda Paris Connexion

Tomohiro Maeda (guitare)
Georges Beckerich (trompette)
Toups Bebey (percussion, saxophone)

場所:Espace Kiron – 10 rue la vacquerie 75011 paris
時間:20h
料金:20€

とても雰囲気のいい劇場ですが、120席しかありません。
ご予約はお早めにこちらまで。
parisconnexion@gmail.com

今晩はラーメンを食べてきました。
チャーシュー麺。最近大分日本食を食べる機会が増えたんやけど、やっぱりホッとするね。


10月 23 2011

真夜中のドラマ

週末はRieちゃんとのライブ、そしてパリ・コネクションのライブでした。
ふたつともとてもいい雰囲気の中終了。

昨日の場所はLa Varenne(ラ・バレンヌ)というパリ郊外の街でした。
RER Aの終点よりひとつ前の駅。

帰りは終電があったのでみんなより先に会場を出たんやけど、残ってたお客さん全員が温かい拍手をくれてとても気分良く会場をでたのです。
駅に着いて10分。時計は既に0時15分でした。
寒い中待ってたパリ行きの電車がついに来た。

が!!!!

車両が短すぎ!!
そして、大分前の方に停車。追いかける途中アンプが横転。

あと2mのところで扉が閉まり電車が発車。

呆然と見送る。

幸いにもそのあとにもう一本終電があったんですが、最終逃したらあかんから一番前までいっとこうと思って、行きかけたんやけど、途中で「もうええわ」と思ってやめたんです。

そしたら最終電車は同じく短かったんやけど、なんと!後ろ半分でストップ!
あのまま一番前まで行ってたら終電も逃してました(笑)

実はそこの一つ先、A線の終点で一回最終逃したことがあって、、、
その時はパリまで送ってくれるタクシーを見つけるまでに一時間以上かかった。(みんな遠くて行きたがらない)

結果めっちゃ高い額払った思い出があったので、無事に帰ってこれてほんまに良かった(笑)
次回からは真ん中に陣取るようにします。


5月 19 2011

ジョルジュの故郷

行って参りました。ルクセンブルグ!
正式名称はルクセンブルク大公国。
詳しくはこちらをご参照あれ。

行ったのはRedangeという街。
ベルギーを通過して、ルクセンブルグに行ったんやけど、今回の旅の中でパスポートの提示を求められることは一回もなく、
「大阪府から京都府に入りました〜」くらいの感じでした。

さすがEU!

公用語がルクセンブルグ語、フランス語、ドイツ語とみっつもあるこの国。英語もみんなしゃべれるので、みんな4カ国語は喋れるという凄い国。。
大阪弁が、、、とかいうてる場合ちゃいまんなコリャ。。

今回のライブも大盛況。それこそドイツとの国境あたりから4時間かけて来てくれた人たちも居てたりで、、素晴らしい時間でございました。

広い大地と青い空、こういう旅はいいねぇ。。。
ホンマにクルマが改めて欲しくなりました。

そして改めてご報告。6月10日より9月14日まで日本に帰国します。
またみなさんとお会いできるのを楽しみにしてます〜〜。

それでは旅道中の写真をお楽しみあれ!
















5月 8 2011

初めての街、イニー

昨日は初めての街、IGNY(イニー)で、パリ・コネクションでの震災チャリティーライブでした。

パリ・コネクションのライブはいつも特別。昨日もほんまに楽しかった。
嬉しかったのはライブを聴いた5歳の女の子が

「パパ、私この音楽大好き〜」

と言ってくれてたこと。。5歳の子に届いたのは嬉しいね〜。
昨日も暖かい笑顔がいっぱいみれて良かった。

そして今回は2009年の日本・韓国ツアーの時の写真を販売、この売り上げも全て日本に行きます。

結果は

写真の売り上げが290ユーロ、入場料と募金で463.5ユーロ。バーが92.50ユーロ(バーの売りあげの一部を寄付してくれました。)
トータル846.50ユーロ(約10万円)です。

そして更に暫くは写真を売り続けるので、その売れた金額が追加されることになります。

パリから見に来てくれたみなさん、遠い所をありがとう。
再来週は待ちに待ったルクセンブルグ公演。

ジョルジュの母国に乗り込みまっせ!!

(写真クリックで拡大できます)