前田智洋 : Tomohiro Maeda

Biography

前田智洋 / Tomohiro Maeda

tomohiro maeda-34
ギタリスト。 作、編曲家。
17歳でギターをはじめる。
以降、自己のバンドを結成し自作の楽曲を中心に演奏を重ねるほか、数多くのミュージシャンと共演しレコーディングに参加。
また、Mi-bemol Saxophone Ensembleへのアレンジなども手がける。

04′ 戸高一生氏(vib)のA Slice Of Lifeに参加。
05′ 渡仏、Sylvain Luc氏のレッスンを受講。同年パリに拠点を移す。
06′ Georges Beckerich氏(tp)のCas G.B.に参加。サン・モール・ジャズ・フェスティバルに出演。
06′ 初リーダーアルバム「Life」をリリース。
07′ Cas. G.B.でサン・モール・ジャズ・フェスティバルに出演。
08′ マニョンビルのコンクールにて優勝。
08′ Cas. G.B.でサン・モール・ジャズ・フェスティバルに出演。
09′ Nightingalesに参加。M6, France 3, mona FM, NRJ等、数多くのメディアに出演。M6 mobile Music Liveではリール・ゼニットの4千人、パリ・イッシーレムリノーでの4万人規模のライブに参加。
09′ 前田智洋 Paris Connexionで5週間にわたる日本・韓国ツアーをする。
09′ 前田智洋 Paris Connexionでサン・レミ・レ・シュブルーズ「Jazz a tout heure」、サン・モール・ジャズ・フェスティバル「Jazz En Boucle」、パリ日本文化会館に出演。
09′ Shakeに参加。ニース・ジャズ・フェスティバル、アミアン・ジャズ・フェスティバル等に出演。LMTVに出演。
10′ Michina & Tomo Japan Tour 2010に参加。MJTVをはじめ数多くのメディアに出演。ミ・ベモル・サクソフォン・アンサンブル、戸高一生氏(vib)らと共演。
10′ Nightingales France Tour 2010に参加。アミアンのメガシテ・アミアン、パリのオランピア劇場をはじめとする有名なホールで演奏する。パートナーのM6 Mobileをはじめ数々のメディアにも取り上げられる。
10′ Michina & Tomo Japan Tour 2010 vol.2 秋のツアー に参加。
11′ Sugami – Tomohiro Maeda、”Farewell To Summer Tour 2011″に参加。
12′ Sugami – Tomohiro Maeda、”Tour 2012″に参加。
12′ アルバム「Loop City」をSelective Recordsよりリリース。
13′ Et Vie Danse(エ・ヴィ・ダンス)を結成。パリ・オーギュスト劇場、パリ日本文化会館での公演や日本ツアー、”Japan Tour 2013 -マイムと音楽、そして人生は踊る-“に参加。
13′ 東京に拠点を移す。
13′ Et Vie Danse Japan Tour 2013 vol.2に参加。
14′ アルバム「Free Colors」をSelective Recordsよりリリース。
14′ Et Vie Danse Japan Tour 2014に参加。
15′ Et Vie Danse Paris & Igny 公演開催。
15′ Tomohiro Maeda Solo Japan Tour 2015に参加。
15′ Ryutaro Makino – Tomohiro Maeda Live Tour 2015に参加。
16′ DAISUKE – Tomohiro Maeda Live Tour 2016に参加。

パリ、東京を中心に各地で様々な国籍のミュージシャンやアーティストと共演。
オリジナリティ溢れる演奏と多くの色彩感をもつ楽曲は各地で高い評価を得ている。


前田智洋 Paris Connexion のプロフィール