前田智洋 : Tomohiro Maeda

7月 17 2018

ワールドカップが終わり

ワールドカップが終わりましたね。
凄いシーンばかりの一ヶ月、痺れました。
高校2年生までサッカー部だった僕にとってはまさに夢の舞台。
普段のライブでもそうですが、「今、ここにしかない舞台」なのです。

そして、フランスの優勝で幕を閉じました。よって僕の目に入ってくる各SNSは大荒れです(笑)
20年前はまだフランスに居ませんでした。そして今回は日本に帰ったあと。。。
逆に女子日本代表がワールドカップで優勝した時はフランス。。。
なかなかその時の盛り上がりを経験できません(笑)
この瞬間をパリで生きたかった、と思いました。

が、いずれ日本代表が優勝してくれる日を夢見て待ちます。
その頃は日本にいなかったりして(笑)

何にせよ、今この瞬間をフランスのみんなは楽しんでいるようで本当に楽しそうな笑顔が沢山見れて幸せでした。

さて、先週はまたナミヒラアユコちゃんとのセットが代官山でありました。既にお知らせしている通り、10月は各地にてのツアーがあります。
日程詳細につきましては改めてアップしますが、日程は以下の通りです。

「燈 ~Tomoshibi~ Tour 2018」ナミヒラアユコ(Vo) & 前田智洋(Gt)

09月30日(日) 湘南 Calls
10月06日(土) 長崎・諫早 nobiya
10月07日(日) 長崎・長崎 Body II Soul
10月08日(月・祝) 福岡 Brick
10月15日(月) 香川 SPEAK LOW
10月16日(火) 徳島 コティ
10月17日(水) 大阪 Mister Kelly’s
10月18日(木) 京都 Bonds Rosary
10月24日(水) 静岡 スノドカフェ
10月25日(木) 名古屋 Mr.Kenny’s
10月27日(土) 飛騨 日下部民芸館
10月28日(日) 千曲 風雅
11月03日(土) 東京 CLAPS

今回も「特別なツアー」になるようにしたいと思っています。
是非遊びに来て下さいね。

今週はこんな感じでした。

どちらの車でもないが、自分の車のようにドヤ顏をする二人。

金曜は代官山・Loopにて

名古屋からのギタリスト仲間、All&Sundry 砂辺くんと。


7月 11 2018

旅の季節

先週は青森、今週は名古屋への旅でした。
その間にあった大雨の災害。まずは各地の皆さんの無事を心から願っています。
阪神大震災以降は自分が災害の中心にいる事はなかったのですが、パリのテロの時を含め、大丈夫な人は「大丈夫です!」と手を上げれるけれど、大丈夫じゃない人は手を上げれないので、それが誰かがわからないのが心苦しいところです。
岡山も広島を始め、各地でお会いした皆さんが無事である事を願っています。

先週、青森は堀澤麻衣子さんとの旅でした。
朝にライブをした後は、堀澤さんがサッカーチーム、ブランデュー弘前の試合前の国歌斉唱の為、試合会場へ移動。
久しぶりにサッカー観戦をしました。
元サッカー部としてはボールを蹴りたくなりましたが、猛暑のグラウンドで既にバテぎみだった事を考えれば走ったとしても10分程でバテていたことでしょう(笑)暑過ぎて身体中に日焼けのあとが、、、失敗したー。一週間以上めっちゃ痒かったです。

そして今週は名古屋で3日間。
エレノア・シーさんと、あま、そして名古屋でのライブでした。
両日ともとても良い雰囲気で良い時間だったと思います。
最終日はGodin Japanを訪問。
そして愛機ギターをメンテナンスしてもらい、そして今年発売の限定モデル、ゴダンの新作を弾いてきました。初めて弾く青いゴダンちゃん、新鮮やった〜。

そこへ向かう途中、車で走っているとラジオから僕の曲が流れてきたのがすごいタイミングやったな〜!Radio NEOさんありがとう。
各地のラジオでジングルとかでも結構使って頂いているみたいですね。有難うございます。


6月 28 2018

中目黒・楽屋

一昨日になりますが楽屋にお越し頂いた皆様、有難うございますました。フランスからのムッシュギギの歌も素晴らしかったし、とても良い時間でした。そして、本番前に食べたフォアグラ親子丼が絶品でした。ここはまた行きたいなぁ。


6月 21 2018

フェット・ドゥ・ラ・ミュージック

今日は音楽の日、フェット・ドゥ・ラ・ミュージック。
この日だけでも色んな思い出がある日です。
3年前のこの時期は初めてのソロツアーをやっていて、ツアー最大の挑戦がこの曲をソロギターでやる事でした。
この音楽の日にみなさんに楽しんで貰えれば嬉しいです。


6月 3 2018

ムッシュ・ギギがやってきます

6/26(火)平日ではありますが、中目黒・楽屋にてイベント「Spirit Room」に山本玲子さんと出演します。
この日はフランスからのシンガー、ムッシュ・ギギもゲストで参加してくれます。
日本語で歌う彼とこのレコーディングをしたのはもう5年前。日本人より日本語が伝わる彼の魅力、是非聴きにきて下さい。


5月 29 2018

飛騨、そして横浜。

この週末は素晴らしい時間でした。
土曜は第一回飛騨高山ジャズフェスティバル。ヴィブラフォンの玲子さんとのデュオで、ゲストに飛騨のサクソフォン奏者、中谷浩一さんをお迎えしました。
飛騨の里の重要文化材、田口家で演奏。
翌日が横浜だった為出番は一番最初の14時からにして頂いてたのですが、最初から会場の外まで溢れ出る250人超に来て頂きとても良い雰囲気のなか終了しました。
スタッフの皆さんの情熱と夢を感じる、他の場所では味わえないものがある素晴らしいフェスでした。

そして日曜は横浜Kamomeにてナミヒラアユコ昼夜2公演。
アユコちゃんの曲はどれも魅力的で伴奏もやりがいがある曲ばかり。ギター・ピアノ・サックス・パーカッションで歌に寄り添いつつも多彩な変化をもたらす事ができるこのバンドは本当に楽しい時間でした。
そしてこの日はアユコちゃんの3曲入りニューシングル、Colorsの発売日。ギターだけで伴奏したデュオアルバム。聴きごたえ十分なアルバムになってます。
是非聞いてやって下さい。


5月 11 2018

10年振りの再会

「好きなボーカリストの公演がブルーノート東京であるから東京に明日から行くんだけど、今Tomoはどこにいるの?」

こんなメールがあったのは一昨日の出来事。

彼女はフランス時代に知り合った韓国人のシンガー。
彼女が韓国に完全帰国してからはSNSでのみ繋がっていて、とはいえコンタクトを取る事もほぼない間柄。
現在はソウル在住で、いつ韓国に完全帰国をしたのかも知らなかったほどでした。

連絡があり、今日の昼にたまたま時間が空いていたので渋谷で会うと、なんと10年振りとの事らしい。
あっと言う間の2時間だったが、どれ程の忘れていた記憶が呼び覚まされたかわからない。

その中でも一番笑ったのが当時パリに居た別の韓国人シンガーの話。

その人はアマチュアで音楽学校に通う学生。とはいえ多分40代くらいの女性だったと思う。
結構変わった人だったんやけど、その彼女が僕にライブの伴奏をして欲しいと言ってきたのだ。
勿論プロとして活動していたので「ギャラはどのくらい?」と聞いたら、
「大丈夫、大丈夫!Tomoの家からそんなに遠くないから!」と言ってきた。

質問と解答がマッチしていないわけで、
「交通費とかも自腹で払うような仕事はできないよ」

と言ったら、

「大丈夫、大丈夫!キムチあげるから!」

と言われた。
ここで僕は大爆笑。この人は堂々と悪びれもせずにギャラをキムチで払おうとしているのか!と思い、同時に「こんな事件は一生に何回もないな」と思ったのでキムチでのギャラ支払いを条件に僕はこの仕事を引き受ける事に。(笑)

そして本番から一週間後、約束のキムチが家に到着。
大量も大量(笑)
そして、これまで臭った事のないような強烈な強さのキムチ。食事で一回蓋をあけて使うとアパート中に臭いが充満したのでした(笑)
いやー、こんな思い出はそうそうあるもんじゃないけど、僕の記憶からすっかり消えてしまっていたストーリー。
思い出させてくれて有難う(笑)

2009年に前田智洋・パリ・コネクションでソウルに行った時のクラブがまだ営業していると聞いてまたソウルに行きたくなった。
そこのスタッフさんが凄く良くしてくれたのを覚えていてまた会いたくなりました。

そして夜はフランス人の仲間達とホームパーティ。今日はフレンチコネクションデー。
と思いきや、今日は僕が東京に来て、チャリンコを買った日だった。5/10だったのでゴトウさんという名前がついてます(笑)

皆さん、明日も良い一日を!


4月 4 2018

もう4月になりました。

先週の出来事、
そのちょうど一週間前、福岡の街中を歩いていたら一緒にいた友人が偶然見つけたギタリスト伊藤ぺぺさん。なんとGodin弾きで僕の事を知って頂いていただけでなく僕のビデオもYoutube等でいっぱい見て頂いていたそうで、その時は1分も話さなかったと思うのですが、今日、東京で素晴らしい音の会話ができました。いや〜沢山笑った。
4時間もギター2人で弾き続けました。
とっても良い瞬間があったのでInstagramにアップしてあります。チェックしてね。

そして土曜はナミヒラアユコちゃんの母校に、卒業ライブに招待して頂き演奏してきました。
若いエネルギーって素晴らしいなぁ、とオジサンみたいな事を本当に思ってしまった日でした。僕の通っていた京都の音楽学校はもう既になくなってしまっているのですが、ここももうすぐなくなるという事を聞いて寂しい限りです。

そう、卒業や入学など別れと出逢いが多い季節ではありますが友人の一人が日本での生活に別れをつげフランスへ帰るということで最後のパーティがありました。彼女にとっては”To The West”ですが、またこれからも素晴らしい時間になるように頑張ってほしいです。


3月 24 2018

バカンス

ギターなし、荷物はカバンひとつだけ。
旅に出かけてきました。

行き先は長崎と福岡。突然の旅にもかかわらず沢山の人に会えた有意義な旅でした。
昔から「旅行」はあんまり好きじゃないんです。正確に言うと、モニュメントを見て回る旅行はあまり好きじゃない。。。かな。
でもツアーで各地を訪れるのは大好きで、それはその街の人たちに出会えるから。
今回も「人に逢う旅」でした。
僕にとってはあまりにも素晴らしい時間で、只々幸せを感じながら過ごしましました。

また次の旅の計画を練ろうと思います。ギターを弾きながら。

 


3月 18 2018

東京公演

Thanks Tokyo!
17都市、18公演のツアーが終わりました。最後の東京公演はまた特別な時間となりました。来て頂いた皆様、本当に有難うございます。
1月31日から始まったこのツアー、こうやって文章を書くと、書きながら今回のツアーであった出来事やみんなの顔が思い出されて、つくづくと幸せな時間だったなぁと思います。関係者の皆様、来て頂いた皆様、改めて有難うございました。

各地でゲスト出演して頂いたミュージシャンの皆さんには僕の曲に素敵な色付けをして貰いました。

そしてツアー通して一緒に音楽を創ってくれた山本玲子さん。彼女の音がなければ今回のアルバムは出来なかったし、今回のツアーもできなかったと思います。出会ってからまだ一年ですが、素晴らしいクリエイティブな時間を共有できた事に心から感謝しています。
また更に色々な景色の見える音楽が創れるよう頑張りますのでこれからも皆さん応援宜しくお願い致します。

・戸高一生(ヴィブラフォン)
・長谷川晃(ベース)
・杉山千絵(ヴォーカル)
・柳原由佳(ピアノ)
・Sasapong(ピアノ)
・エレノア・シー(ヴォーカル)
・森俊洋(ドラムス)
・山本玲子(ヴィブラフォン)
・前田智洋(ギター)